男の子版 育て方ガイド

はじめに、男の子って育てるのが大変そうな先入観がありませんか?男の子は育てるのが大変ね。 と、男の子を持つ親なら、一度は自分で実感したり、 周りから言われたことがあるのではないでしょうか? また、最近では、キレる現象による少年犯罪が増え、 男の子を持つ親としてはこれからどのように育てたら よいのか、真剣に悩むところです。

しかし、それは大人の一方的な価値観の押しつけです。 子供は窮屈に感じていることが多いものです。 もう一度、わが子の本来の姿を見直してみませんか?そして、男の子らしさよりも、 その子らしさを見出して長所を伸ばしてあげる 、工夫をしてみては どうでしょうか?

このサイトでは、男の子のその子らしさを 育てるための工夫と実例をもとに、たくさんの 事例をもとにご紹介しています。 少しでも、お母さんが肩の荷を下ろして ゆったり子育てができれば幸いです。

  メインコンテンツ

 男の子って病弱なもの?

医学的にも根拠あります。大病しやすいのは男の子。 しかし、高熱を出す、胃腸が弱いなどは、 性別には関係なく、その子が持つ体質による ところが大きいようです。  続きを読む

 男女の発育の差とサイレントベビー

男の子は女の子よりも発育が遅いって本当でしょうか。 その子の生まれ持っての資質であったり、育った環境も影響してきます。 また、笑わなくても、あやすとにっこりとほほ笑んだり 目を合わせて元気に手足を動かすようであれば大丈夫です。 サイレントベビーとは、お母さんの態度が 子供の無表情を作っているケースです。子供が静かにしてても声をかけたり 手足でリズムをとってあやしてあげましょう。  続きを読む

 ぬいぐるみ好きの男の子

男の子は、車や電車など動くものが好きなもの、 と決めつけていませんか? 確かにその傾向はありますが、なかにはぬいぐるみや人形を好きな子もいます。 時期によっても代わってきますので、特に気にすることはありません。  続きを読む

 男の子は夜泣きが多い

医学的には、何の根拠もなく、女の子だって 泣く子はよく泣くものです。新生児は生活音にも敏感で慣れていないため、未知の音に 慣れるまで泣いて当然とゆったりと構えましょう。夜泣きも一時期のものですので、 あまり神経質にならず、昼間に赤ちゃんと一緒に昼寝するなどして、乗り切りましょう。  続きを読む

 強く活発な子に育てたい

親が危険を心配しすぎて、子供の好奇心の芽を摘んではいけません。 親が、「危ないからやめなさい」と言いすぎると子供は自発的な意欲をなくしてしまい、 臆病な子になってしまいます。親が子供の行く手を先回りしないことが大切です。  続きを読む

 その他

小学生になると、ランドセルが必要になりますね。 最新のランドセル事情をお知らせしています。  ランドセル 人気

育て方の秘訣

運営者情報